有限会社 寿司清

魚の旬と産地にこだわり、刺身寿司はもちろん焼物煮物揚物など、その旨さを存分に味わってください。

HOME»  烏山川緑道と公園

烏山川緑道と公園

ちとふなの紹介ページ

 

烏山川緑道と公園

 

烏山川緑道

烏山川緑道

 

烏山川は、烏山寺町の鴨池が水源とされ、
世田谷区を縦断し池尻あたりで、北沢川と
合流して目黒川に注いでいました。
現在ではその大部分が暗渠となり、昭和
49年3月に緑道として開園しています。
烏山川緑道は世田谷文学館から、小田急線
高架手前の石仏公園までを水際の散歩道と呼
び、周辺人々の憩いの場所となっています。
水際の散歩道とその周辺の公園を紹介します。

 

世田谷文学館と川跡

世田谷文学館と川跡

 

世田谷文学館では、世田谷ゆかりの作家
遠藤周作や大江健三郎など、50人を地域ごと
に分けて紹介しています。 
 世田谷区南烏山1-10-10 詳しくはリンク集
緑道はここから環八を横切り、環八沿いに
八幡山の緑道公園入り口に向かいます。
川の側溝跡がそのまま残っている所があります。

 

水辺の遊歩道

水辺の遊歩道

 

緑道公園入り口からしばらくすると、
明大グランド前に出ます。
ここからが、水辺の遊歩道(親水公園)です。
水を循環させた、せせらぎのある遊歩道で、
夏場は、子供達の格好の水遊び場です。
千歳橋を潜ると、希望が丘公園正面です。

 

希望が丘公園

希望が丘公園

 

希望が丘公園の正面口あたりが、烏山川と
水無川の合流地点です。
赤レンガで造られたアーチ型の入り口を潜ると、
噴水広場です。
噴水も赤レンガで造られ、レトロな雰囲気が
親しみと癒しを人々に与えてくれます。

 

希望が丘団地 噴水

希望が丘団地 噴水

 

まちかど図書館より希望が丘団地内に
入り、すぐ見えます。
この壁画は、団地の住民の方から応募した
絵をもとにして制作したものです。

 

緑道 本村橋

緑道 本村橋

 

噴水の先から本村橋をくぐり、団地の
正面広場に抜けます。
緑道には、橋や欄干の跡が数多く残されて
おり、川の名残を留めています。

 

希望が丘児童公園

希望が丘児童公園

 

緑道を進み、水道道路を渡るとすぐ
見えるのが希望が丘児童公園です。
滑り台などの遊戯施設がある公園と、
グランドに分かれていて、親子連れや
球技を楽しむ子供達で賑わいます。

 

季節の野草に出会う小径

季節の野草に出会う小径

 

希望が丘児童公園先、千歳が丘高校の
グランド脇の小径です。
都会では貴重な土の道で、世田谷区から
ビオトープ空間に選定されています。
小径を抜けると池田公園です。

 

池田公園

池田公園

 

昭和39年6月に、池田陶兵衛御夫妻に
より寄贈され、世田谷区はそのご意思に
従って、児童公園と敬老会館を建設しました。
公園には遊戯施設も多く、親子連れで賑わい
会館では、趣味の教室が開催されています。
けやき美術館が、隣接しています。

 

石仏公園と石仏祠

石仏公園と石仏祠

 

小田急線高架手前にある石仏公園は、
桜や柳の青葉を中心に、花壇や噴水、遊戯
施設があるので、親子連れが多く、子供達の
格好の遊び場です。
名前の由来になっている石仏を祀ってある
祠が、公園の隅に置かれています。

 

    
           カスケード工房  白石壽男さん  


    
     
     
     お店で使う冷酒グラスは、白石さんの作品です。
     白石さんは、色被せガラスの表面に砂を吹きつけて彫刻する、サンドブラスト
     技法を使い、様式はアールヌーボーを基調としているので、日本の草花を
     モチーフにしたデザインが施されています。
     作品は、表面と裏面にも彫刻され、立体感と陰影まさに3Dを世界が広がり、
     ランプ等中から照明をあてる作品は、傑出です。
     作品は、北海道小樽の北一硝子で展示、販売されています。

     白石さんのご希望で連絡先は、非公開とさせていただきます。