有限会社 寿司清

魚の旬と産地にこだわり、刺身寿司はもちろん焼物煮物揚物など、その旨さを存分に味わってください。

おとくなクーポンはこちら

 

森繁氏所縁の品   日替わりメニュー

 

コース料理と出前メニュー   アクセス

 

世田谷区の森繁通り、寿司清のホームページにようこそ!

 小田急線千歳船橋は、新宿から20分程に位置し、バスも数多く発着と利便性が良く、 その上病院、学校や公園と公共施設も数多い、緑豊かで住んでいる人に
とてもやさしい、閑静な住宅地です。

  この町で創業50年。
 ご家族連れや会社帰りのサラリーマンが気楽に入れる、敷居のとても低いお店です。
「気楽に美味しいお寿司と、お料理を楽しんでもらいたい!」をモットーに
店主一同励んでいます。
 旬と産地にこだわった、美味しいお魚をどうぞ召上がれ! 


 
 
、、

           琵琶湖産 若あゆ天ぷら 28年 4 月 30日

                
     
琵琶湖産の天然あゆは、この時期から7月頃まで、市場に出荷されます。
      まだまだ小ぶりですが、後味にしっかりと内蔵の苦味を残します。
      琵琶湖産あゆは、一生を湖で終えるので、あまり大きくなりませんが、
      豊かな湖からのめぐみで、旨みたっぷりに育ち、天ぷらや佃煮に最適です。
      
         琵琶湖の小あゆ 天ぷら 一人前 800円(税別)

        

 

      桜ます 28年 4月 23日


                            
         
         ますは、3月~5月にかけて川を遡上します。 この季節は桜が咲く
    季節と重なるため桜ますと称されます。
    ますは主に、北海道から青森の下北半島、日本海側の河川に
遡上し
    富山県の鱒寿司は、全国的に有名です。
    河川から海に出ると、大きく成長しますが、川に陸封されとますは、
    やまめで、なぜ二つに分かれるのかは、よくわかっていません。
    ますの身質は、柔らかく
 上品な甘味と旨み味があります。
    お店では、ハラスを木の芽焼きし、身は昆布〆にしてにぎります。

        ますのにぎり  1個 200円  ますハラス焼 一人前 700円(税別)

  
       

    初かつおの季節到来! (H28年 4月 21日)
        
        

    
  「目の青葉、山ホトトギス、初かつお」 5月には、青葉やホトトギス
      かつおの良い季節だと知らせる俳句だそうで、山口素堂の作です。
      関東近海では、南洋から黒潮に乗って4月~5月にかけて回遊し
      まさにこの俳句に当てはまります。
  
      かつおは、千葉の勝浦港産が色味とも最高で、この季節の水揚げは
      全国1位で、とりわけその日のうちに漁港に戻るかつおを「日戻りかつお」
      と呼びブランド化し人気を呼んでいます。
      勝浦産のかつおと銚子産のいわしを盛り合わせました。

          かつおといわしの盛り合わせ 一人前 900円(税別)
          初かつおといわし刺し盛り 一人前 900円(税別)
    
 
渡りかに (28年 4 月 28日)




 
 
日本の代表的なかにと言えば、渡りかにでした。
昭和の初期まで、東京湾でもたくさん獲れ、
大森から品川にかけて、かにを食べさせるお店が軒を並べていたそうです。

4月から5月にかけて雌の渡りかには、内子が入り、濃厚な旨味を持つ内子とミソ、しっかりとして甘みのある身質が、楽しめます。

   渡りかに 一人前 1600円(税別)
                     
                  
         














   


 山菜天ぷら 28年 1月 28日
  
  
 
  山菜の苦味成分には、抗酸化作用や
     新陳代謝を促進する作用がある
そうで、年末年始の食べ過ぎや
飲み過ぎの胃腸に優しく
働きかけてくれます。
    なりよりも春を感じさせ、いただけます。

  ふきのとう、たらの芽や山うど、新筍や
行者にんにく等の盛り合わせです。
  中でも行者にんにくは、修験道の
行者が滋養強壮に食べたそうで、
ほのかなにんにく臭が香ります。

山菜天ぷら 一人前 800円(税別)

 
   
 天然帆立殻焼き さざえつぼ焼き  28年 2月 25日

         
   
    
北海道根室に水揚げされる天然帆立は、築地市場でも評価が高く、大ぶりな身が
  ぎっしりと詰まっています。
  帆立は、旨みや甘みがが強いグルタミン酸が多く含まれ、低脂肪でコレステロールを
  下げる効果がある、良質な食品です。
  
  
大きな柱をお刺身で召し上がるのも良いのですが、焼いて精巣やヒモ、ウロと呼ばれる
  砂袋を一緒に食するとお醤油の香りと共に、力強い道東の海の香りが感じられます。

  さざえもこの季節から多く漁獲され、海岸近くのお店でそのままつぼ焼きにして、
  野趣あふれる味を楽しみますが、お店では身と肝を切り離し、季節の筍やみつ葉と
  共に炊いて、殻に戻して焼いています。  

    天然帆立殻焼き 一人前 750円   さざえのつぼ焼き 一人前 700円(税別)