有限会社 寿司清

魚の旬と産地にこだわり、刺身寿司はもちろん焼物煮物揚物など、その旨さを存分に味わってください。

おとくなクーポンはこちら

 

森繁氏所縁の品   日替わりメニュー

 

コース料理と出前メニュー   アクセス

 

世田谷区の森繁通り、寿司清のホームページにようこそ!

 小田急線千歳船橋は、新宿から20分程に位置し、バスも数多く発着と利便性が良く、 その上病院、学校や公園と公共施設も数多い、緑豊かで住んでいる人に
とてもやさしい、閑静な住宅地です。

  この町で創業50年。
 ご家族連れや会社帰りのサラリーマンが気楽に入れる、敷居のとても低いお店です。
「気楽に美味しいお寿司と、お料理を楽しんでもらいたい!」をモットーに
店主一同励んでいます。
 旬と産地にこだわった、美味しいお魚をどうぞ召上がれ! 


 
 
、、

         鱈 白子料理いろいろ 28年 11月 1日


            
                         (    
        
        11月に入ると朝晩の気温が下がり、冬の気配が感じられます。
     北国では、頭に「寒」がつく魚が旬を迎え、鱈もその仲間です。
     白子は、真鱈の精巣で、春先に産卵を迎えるため、この季節から成熟してきます。
     ツルッとした食感とほのかな甘みが身上で、生のままポン酢で召し上がるのが、
     お奨めですが、焼き白子や天ぷら、茶碗蒸に入れても美味しいです。
     
          鱈白子ポン酢  焼き白子  天ぷら 各900円(税別) 
            きんき一夜干し  28年 10月 1日

                  

   
    
     北国の煮魚、焼き魚の王様と言えば。きんきが一番に挙げられます。
       深場に生息するため、コラーゲンたっぷり、上品な脂がのり、
       火を入れると旨味があふれます。
       オホーツク海のきんきが最上級で、身がふっくらとして色合いが、
       朱に輝きます。

          きんき一夜干し 一人前1800円~(税別)

       

           かわはぎが旬! 28年 10 月 20日

            
              
       かわはぎは、肝が大きくなるこの季節が旬です。
      淡白な白身と濃厚な肝、ポン酢醬油が三位一体となって、ふぐに負けない
      味わいです。  冬の白身で生で肝を食せるのは、活〆のかわはぎだけです。
      是非、肝と共に召し上がってください。 

         かわはぎ薄造り 一人前 1200円  にぎり 一個300円(税別)    

       

           12月 ぶりの季節 (H28年 12月 1日)
        
         


        11月下旬に入ると、日本海の海は荒れることが多く、時化が続きます。
       海水温が急激に下がり、日本海を回遊するぶりは、富山湾に逃れます。
       氷見港に水揚げされたぶりが、「氷見ぶり」とブランド化され、築地市場に
       入荷されます。
       ぶりは、魚編に師走で12月が、最も美味しい季節です。
      
 
秋の天ぷら (28年 10 月 14日)




 
 
 暑さも和らぐ頃、はぜが美味しく
 なり、秋の天だねの代表です。
 東京湾では、はぜが湧くと言い、
 いくらでも獲れたそうです。
 現在では、希少となり、松島産や
 三河産が主流です。

 やわらかい新はすの海老はさみ
 揚げを盛り合わせました。

  はぜと新はす海老はさみ揚げ
      800円(税別) 

                        
                  
         














   


 釧路 厚岸産 昆布森 殻がき 
        28年 10月 4日

  
  
 
厚岸産かきは、ミルクの部分が大きく
濃厚な味わいで、築地市場での評価は
高く、イチオシのかきです。
厚岸は、海水温が低く一年中食せますが、
やはり、これからの季節が美味しい!

厚岸産 殻かき 一個450円(税別)